モノ

2017年に向けて1日1ページ手帳「EDiT(エディット)」を買ってみたよ

EDiT2017 アイキャッチ

2017年用の手帳にマークスのEDiTを買いました。

この手帳使って来年は充実した1年にするぞ!

 

人生を編集する手帳「EDiT」

EDit2017 開いた

中を開くとカードが挟んでありました。

EDiT2017 カード表 EDiT2017 カード裏

いいですね。僕こういうの好きです。

 

中身を順番に見ていくと

EDiT2017 3年分のカレンダー

まず3年分のカレンダー。

 

EDiT2017 イヤープラン

2017年のイヤープラン。
一目で1年間の予定が分かります。

 

EDiT2017 年間プランニングページ

年間プランニングページ。
大まかに1年間の予定や目標を確認できますね。
来年の初めにちゃんと書こうっと。

 

EDiT2017 1月毎のカレンダー

1月毎のカレンダーページ。
2016年の10月から2018年の1月分まであります。

 

EDiT2017 月間プランニングページ

月間プランニングページ。
このページは僕が手帳をEDiTに決めた理由の1つなんですよね。
1ヶ月なんて気を抜いていたら一瞬で終わっちゃいますからね。

このページを見ればひと月に何をすればいいか、何をしたかが一目で確認できます。
支出リストは欲しいものリストとしても活用できますね。

 

EDiT2017 デイリーページ

デイリーページ。
上下に罫線を引くためのガイドがあって、左に時間軸が付いてます。
下にはチェックボックス付きのリストがあり、ToDoリストやメモとして使えそうですね。

 

EDiT2017 メモページ

メモページが10ページ程度。

 

EDiT2017 アドレスページ

アドレスページです。
ここは使わないかな。

 

EDiT2017 世界の休日

世界各国の休日一覧。

 

EDiT2017 世界の時差

世界各国の時差一覧のページ。

 

EDiT2017 世界の鉄道図

世界主要都市の鉄道図です。
東京、大阪、名古屋からマンハッタンやパリ、ロンドンまであります。

 

EDiT2017 プロフィールページ

最後にプロフィールページです。

 

カバーはソリッドにしました

EDiT2017 ソリッド

EDiTにはいくつかのカバーが用意されていますが、僕はソリッドにしました。
シンプルなデザインでカッコいいですよね。
EDiT2017 ソリッド 説明

ソリッドにはペンを挟む切れ込みが付いてます。
あと、カバーの端の所に磁石が入っていてパタンとくっつきます。
ただし、磁力はそんなに強くないです。

 

EDiT2017 ソリッド ペンを挟む

ペンを挟んで、

EDiT2017 ソリッド ペン閉じる
閉じるとこんな感じ。

ペンを手帳の内側にしまえるのがいい感じです。
外側に引っ掛けるタイプはカバンから取り出す時とかにペンがどっかに引っ掛かったりするんですよね。

あ、ちなみにペンはフリクションの4色タイプです。
手帳を買う時に一緒に買いました。
急に予定が変わった時に描き直せるのは便利ですよね。

 

まとめ

僕は手帳をトレーニングの記録と大学院の予定やメモを書くために使おうと思ってます。
図を使ったりすることも考えると広く自由に使える方がいいなと思って、1日1ページタイプにしました。
この手帳を使って充実した1年にしたいと思います!

みなさんもぜひお気に入りの手帳を探してみてください。